うなじ脱毛を自分でやるのは、かなりハードルが高い!@検証してみましょう!

MENU

電気シェーバーを使用する

自分でうなじ脱毛をする場合に使用するアイテムとして多いのが電気シェーバーだと思いますが、昔は男性がひげを剃るために使用するというイメージがあったものの、最近では女性のムダ毛処理にも活躍しており、通販サイトなどを見るとレディース専用の電気シェーバーがたくさん販売されているのが分かると思います。

電気シェーバーの特徴としては刃がそのまま肌に対して直接的にあたるわけではないので肌に対しての刺激が少ないというメリットがありますが、特に敏感肌や乾燥肌など肌の健康に不安がある人からするとカミソリによるムダ毛処理よりもかなりメリットがあります。


うなじ脱毛を電気シェーバーで行う場合の注意点としては後ろの首元になるので見えにくいということで、手をまわして行うと関係のないところまで処理してしまう可能性もあるため、できれば家族などにお願いをして剃ってもらうことをおすすめします。

うなじ脱毛をする場合はエステやサロン、クリニックなどに足を運んでプロに脱毛してもらう方が高い効果は期待できますが、どうしてもお金がたくさんかかってくるので低コストという点で考えると電気シェーバーの利用メリットが高くなります。


ただし、電気シェーバーで脱毛することができる部分というのはあくまでも見えている部分の体毛になるので、うなじ脱毛をしても脱毛した箇所に再び体毛が生えてきて何度も脱毛を定期的にしなければならないというデメリットがあります

背中脱毛したら産毛がなくなりました

カミソリを使用する

うなじ脱毛をする際に自分で処理をする場合に使用するアイテムとしてカミソリがありますが、このアイテムは古くからムダ毛処理用の道具として使用された歴史があり、電気シェーバーなどもカミソリを元に考案されて世に送り出された脱毛アイテムになります。

カミソリを使用してうなじ脱毛をするメリットとしてコストがかからないという点がありますが、専用のサロンやクリニックなどに足を運んで脱毛をしてもらう場合は費用が数万円から数十万円という費用が発生するものの、自分でカミソリを買う場合は数百円程度で買うことができます。

また、ホテルなどではアメニティグッズとして標準装備されているくらいなので入手するコストという点で考えるとかかりませんが、肌に対して直接的に刃を滑らせることになるので肌に対しての影響は無視できない部分になります。

うなじ脱毛をする際にカミソリを使用する場合は見えている部分のムダ毛処理になるので、毛周期に沿って再び生えてくることになりますが、その際にカミソリを使って再び脱毛しなければならず、数回の使用であればカミソリの刃が肌に与える影響は我慢できるかもしれませんが、定期的に使用するとなると肌の影響は避けられなくなります

肌を傷つけるのは簡単ですが、傷ついた肌を元に戻そうとする場合はかなりの労力を使うことになってしまうので、肌のことを考えるとレーザーやフラッシュによる脱毛の方が施術回数が少なく負担も少なくなります。


ヒゲ脱毛の回数は、結構必要です


家庭用脱毛器を使用する

うなじ脱毛をする場合に自分でする方法の一つとして家庭用脱毛器を使用するという方法がありますが、家庭用脱毛器というのは名前の通り自宅で可能な脱毛のことでオンラインショッピングなどを通じて購入することができるようになっています。

家庭用脱毛器を使って脱毛をすることができるのはサロンやクリニックで施術を受けることができるフラッシュやレーザーを用いた方法と似ていますが、家庭用脱毛器から照射される光を脱毛したい場所に対して照射することによって毛穴にダメージを与えて脱毛をすることができるというものです。

メリットとしては一度購入した後はいつでも自分のペースで使用して脱毛をすることができるという点で、サロンやクリニックに通って施術を受ける場合に比べるとトータルコストがかからないという部分はメリットです。

ただし、誰でも使用することができるように設計されているので出力される光のエネルギーは弱いことからフラッシュやレーザーによる脱毛と比較するとうなじ脱毛をした際の効果は弱くなります。



したがって、濃い体毛が生えている人が家庭用脱毛器を使ってうなじ脱毛を使用すると思ったような効果を得ることができないので注意する必要があります。

また、家庭用脱毛器を購入する場合は販売されているところの情報や製造した会社の情報などを調べておくのもポイントで、粗末な家庭用脱毛器も多く出回っているので購入については慎重に行うようにしましょう。

ひざ下脱毛すると夏に便利です